ハイキック・ガール


カテゴリ:制作日記(DIARY)( 120 )

中達也と神尾佑(撮影プレイバック)

松村道場の稽古シーンの
リハーサル。

気合を入れる中達也さんと
緊張気味の神尾佑さん。


f0180438_1333050.jpg


映画「黒帯KURO-OBI」で共演した2人。

懐かしの再会でした。

ちなみに神尾さん「SP(エスピー)」映画版にも出演中。

楽しみですね!!
[PR]

by highkick-girl | 2010-04-21 01:32 | 制作日記(DIARY)

でっかい男!

壊し屋の大幹部「竜足」役
須藤雅宏(すどう まさひろ)さん

f0180438_0381856.jpg


両側にぶら下がっているのは、2人の小学生

ではなく・・

杉山綾さん(左)と夏目咲さん(右)

杉山さんは壊し屋「跳華」役のアクロバット少女

夏目さんは
冒頭の路上で
壊し屋「天衝」に頭を蹴り倒される
かわいそーなOLさん
を演じています。

それにしても、
須藤さんは本当にデッカイです!
[PR]

by highkick-girl | 2009-11-12 02:35 | 制作日記(DIARY)

小林由佳さんの・・

クランクイン前。
練習後の
武田梨奈さんと杉山綾さん

f0180438_0131456.jpg


2人が手に持っているのは・・・

小林由佳さんのDVD!

セーラー服姿の由佳さんに、
大盛り上がりしていました。

そこに「やめて~っ!」
由佳さんの絶叫が・・
[PR]

by highkick-girl | 2009-11-08 19:08 | 制作日記(DIARY)

怪しい2人

何やら怪しい男達。

f0180438_0452765.jpg


闇にまぎれて
打ち合わせしているようです。

実はこの2人、
「ハイキック・ガール!応援隊」にして出演者でもあります。

さあ、どこに出ているでしょう?
[PR]

by highkick-girl | 2009-10-29 22:00 | 制作日記(DIARY)

ハイキック・ガールズ!

小林由佳さんの本格空手!
杉山綾さんの超絶アクロバット!
武田梨奈さんの壮絶アクション!


この日も激しい練習でした。

3人揃っての珍しい写真です。

f0180438_074367.jpg

                    (杉山綾さん)    (武田梨奈さん)   (小林由佳さん)
映画の中では、
杉山綾さん壊し屋「跳華(ちょうか)」
小林由佳さん壊し屋2軍「リン」。

2人とも、武田梨奈さん演じる土屋圭の敵です。

でも、練習は和気あいあい。

仲良しハイキック・ガールズでした。
[PR]

by highkick-girl | 2009-10-27 12:18 | 制作日記(DIARY)

プレイバック!

クランクインしたのが、ちょうど1年前の今頃

主演に決まった武田梨奈さん

イン直前の1ヶ月は、毎日毎日ひたすら練習でした。

特に水曜日と日曜日は1日8時間!

f0180438_23451130.jpg


監督の口グセは
「サラリーマンだって1日8時間働いてるんだから、
アクションのプロなら1日8時間練習も当たり前だ~!」


とにかくガムシャラに頑張ってました。

さあ、これから
撮影秘話をプレイバック!

お見逃し無く!
[PR]

by highkick-girl | 2009-10-25 23:46 | 制作日記(DIARY)

琉球空手とハイキック・ガール!③

沖縄から戻るのを待っていたかのように企画が動き出し、
「黒帯KUROーOBI」という映画になりました。

その後も何度か沖縄へ足を運び、松村宗棍先生の修行した場所やお墓も訪ねることが出来ました。
そんな日々から映画「ハイキック・ガール!」が生まれました。

今回のテーマは「型」です。
何十年も型を練りこんだ身体は怖い、凄い、強い
僕が沖縄と鹿児島で感じたことを映像にしたかったのです。

主人公の女子高生、土屋圭の先生は徹底的に型稽古にこだわります
彼の名は松村義明

「松村」は松村宗棍先生から、「義」は船越義珍先生、「明」は八木明達先生から頂きました。

松村役を演じる中達也さん(社)日本空手協会
主演の武田梨奈さん琉球少林流空手道月心会
どちらも松村宗棍先生の首里手から生まれた流派です。

他にも、沖縄剛柔流の八木明人さんから
格闘技のリングで活躍する空手家まで本当に多くの流派の方々が出演してくれています。

僕があれほど「沖縄へ行かなければ」と思ったのは、
松村宗棍先生や琉球空手の先達が呼んでくださったのだと思います。

そして「空手は空手、根っこは一緒だよ」と言ってくれているような気がするのです。
映画「ハイキック・ガール!」は遠い琉球の唐手と繋がっています

その匂いを感じて頂けると嬉しいです。

(了)

※沖縄公開を記念して、JK FAN 7月号に収録された
西冬彦監督インタビュー「琉球空手とハイキック・ガール!」を掲載しています。

ご購入はこちら「JKFan7月号」

[PR]

by highkick-girl | 2009-08-15 11:29 | 制作日記(DIARY)

琉球空手とハイキック・ガール!②

現れた八木明達先生は剛柔流空手の十段、達人の風格でした。
次々と不躾な質問をする僕に「西さん、思い切り突いてきてください」
えっ?
一瞬戸惑いましたが、 「六十歳過ぎの空手十段を思い切り突く」
そのシチュエーション自体が漫画的で映画的じゃないか、こんなチャンスはめったに無い。

気合を入れて全力のストレートを出しました。
明達先生の身体は全く動かず、左手だけが数センチ下がったかと思うと、
僕の右手は弾き飛ばされていました。とんでもなく固い金属バットを殴ったような激痛でした。

先生は微動だにせず笑っています。
「今度は蹴ってみて下さい」
僕だって空手カジリ歴は25年、特に蹴りには自信がありました。
突き刺すように本気の前蹴りを蹴りこみました。
ガコン! 足首からスネに激痛が走り、蹴ったはずの足は地面に落ちていました。
先ほどと同じく、明達先生は、ただ右腕を数センチ下げただけでした。
呆然とする僕に一言、
「空手はヒジから先を鍛えていれば、まあ大体は大丈夫です」。
そして「こんなのもありますよ。」と、立ったまま足の親指で僕の足の
甲を押さえた
のです。
味わったことの無い激痛! 全く動けません。

「後は顔を叩けばいいだけです」、そう笑う空手十段。
これが空手なのか…、僕自身が知っている空手とは全く違うものでした。

翌日は、松村宗棍先生の流れを汲むという小林流の先生を紹介して頂きました。
その先生の型がまた凄かった。
体の内部がブルンブルンと震えているような、周りの空気が波動で揺れているような、
そんな風に見えました。

自分は、空手のカの字も知らなかったのか…。
こんなことで世界に誇れる空手映画なんかできるのか?


これから先の道の遠さを実感して呆然としました。

と同時に、やっぱり空手は凄い! カッコイイ! これは絶対に映画になる、
確信しました。

松村宗棍先生は薩摩示現流剣術を学んで、
一撃必殺の首里手を完成させたのだそうです。

ならば! と思い立ち、鹿児島の示現流の道場も訪ねました。

道場内に立てられた木を相手にひたすら木刀を打ち下ろし続ける「立ち木打ち」という稽古。
「ギェーッ!」「チャーッ!」という鳥のような
獣のような叫び声が響き渡ります。
見ているだけで鳥肌ものの稽古でした。
頭で怖いと感じるのではなく、本能的に「逃げたい!」と感じる恐怖。

松村先生はこれを見て、わが手を刀にしようと思ったのか…
これと素手で戦おうと考えたというのは。とても信じられませんでした。
なんともロマン溢れる映画的な話です。

琉球時代から伝わる沖縄の空手、そして薩摩示現流剣術。
空手の本質の端っこ、そして松村宗棍先生の人生の一端に触れたような気がしました。

これで何とか東京へ帰れる
やっとそう思えたのです。

(つづく)

※沖縄公開を記念して、JK FAN 7月号に収録された
西冬彦監督インタビュー「琉球空手とハイキック・ガール!」を掲載しています。

ご購入はこちら「JKFan7月号」

[PR]

by highkick-girl | 2009-08-15 11:21 | 制作日記(DIARY)

8/15 沖縄公開!琉球空手とハイキック・ガール!①

沖縄に行かなくちゃ。
とにかく沖縄へ行かないと次へ進めない。
2005年末、僕は毎日うわごとのようにつぶやいていました。

長年勤めた映画配給会社を退社してから半年、
空手アクション映画を世界に送り出すのだと心に決めていたはず。

しかし、企画は全く進まず、 協力してくれる人も見つからず、
お金はもちろん集まらない。
まるで霧の中を歩いているような状態が続いていました。

世界が驚く空手アクション映画を作る。
だが本当の空手、空手の原点は何一つ知らないのではないか、
それで良いのか? 良いはずがない。

せめてまず知ることから、触れることから始めねば。
悩んだ挙句に様々な書籍を読み、映像を観て、
色々な道場を見学に行ったりもしました。

そんな中、一人の人物に魅入られていきました。
松村宗棍唐手の達人で薩摩示現流を学んで首里手を完成させた人物
彼の資料をかき集めるのが日課になりました。

その頃の日記にこう書いてあります。
「東京で資料をひねくり回している自分を松村先生が許してくれるはずが無い。
とにかく沖縄へ行こう。
沖縄へ行って空手の始祖達が生きた土地、吸った空気を感じて来よう。
そうすれば何かが変わるかもしれない」


沖縄の空手界につてなど全く無い自分。
それを繋いでくれたのは友人のカナダ人映画プロデューサーでした。
「八木明達先生に会え。先生なら必ず何とかしてくれる」

沖縄空手有段者の彼に言われるがままに、僕は沖縄へ向かいました。

(つづく)

※沖縄公開を記念して、JK FAN 7月号に収録された
西冬彦監督インタビュー「琉球空手とハイキック・ガール!」を掲載しています。

ご購入はこちら「JKFan7月号」

[PR]

by highkick-girl | 2009-08-15 02:06 | 制作日記(DIARY)

韓国でハイキック!

少し前になりますが、
韓国のプチョン・ファンタスティック映画祭
ハイキック・ガール!が上映されました。

武田梨奈さんと西冬彦監督がゲストとして参加

到着直後から取材をこなします

f0180438_0234725.jpg


ちょっと大人っぽい格好の梨奈さん
f0180438_0253960.jpg


さあ、舞台挨拶です
f0180438_0241389.jpg


2人の対決に会場は大盛り上がり
f0180438_0242088.jpg


終了後もサイン攻め!
f0180438_0243124.jpg


お仕事終了後は・・
焼肉を前に笑顔!
f0180438_0264580.jpg


翌日の映画雑誌には、早速こんな記事が。

f0180438_0244280.jpg


舞台挨拶の模様はこちらから
→  シネマトピックス・オンライン

韓国、岡山、名古屋と上映され、
次は8月15日から沖縄で公開です!!
[PR]

by highkick-girl | 2009-08-03 00:30 | 制作日記(DIARY)