ハイキック・ガール


物語①  実戦で型なんか使えないでしょ・・ 

松村空手道場へ通う17歳の高校生、土屋圭
天性の運動神経でどんな技でも軽々とこなしてしまう。

しかし、師匠の松村は圭の強さを認めず、
地味な型稽古ばかりをやらされる。
いつまでたっても黒帯は貰えず、万年茶帯。

f0180438_891170.jpg

空手の極意は型にある?
意味わかんない・・
実戦で型なんか使えないでしょ!


師匠に認めてもらえない悔しさで「黒帯狩り」を始める圭。
強いと評判の空手家たちに挑戦して、その黒帯を奪うのだ。

自分の強さを証明しようと必死な圭だが、
逆に松村に厳しく叱られてしまう。

不満でしょうがない圭。

そんな時、圭の携帯電話が鳴る。
相手は「壊し屋」と名乗った。

(西冬彦)
[PR]

by highkick-girl | 2008-12-22 08:25 | ストーリー(STORY)
<< 物語② 壊し屋 イントロダクション >>